• ホーム
  • 人気のルミガンでレポートされている副作用とはどんなものなのか

人気のルミガンでレポートされている副作用とはどんなものなのか

きれいな目とまつげ

ルミガンは、緑内障の治療薬として開発されました。緑内障は、本来の眼圧よりも高くなって視神経を脅かし、見える範囲が狭くなってしまったり場合によっては部分的に見えなくなってしまうというい病気です。ルミガンは高くなってしまった眼圧を低下させる働きがあり、緑内障の進行を抑える働きがありますが、皮膚の細胞を活性化させるという働きもあります。緑内障の治療薬のルミガンはアメリカの製薬会社で製造された薬ですが、引き起こしされた副作用が実はまつげへの影響を及ぼす美容面では注目される副作用ということが判明しました。

ルミガンの副作用は、まつげの毛根も活性化させる働きがあり、根元に塗るとまつげが太く・長くなり、まつげが濃くなるという症状で、副作用と耳にすると、美容として使うには不安が出てしまいますが、まつげ貧毛症の治療薬にもルミガンの有効成分と同じ薬が使われているため安心を得ることができます。

まつげへ使うときにはときに副作用が発生する恐れがあるため使用上の注意が必要です。まつげの育毛にルミガンを使った場合には、引き起こされる副作用として、目または目の周辺に症状が現れるケースが報告されています。主な副作用は、色素沈着の症状が現れることがあります。使い続けると目の周りが黒ずみが発生することがありますが、原因はルミガンの有効成分のビマトプロストによるメラニンの増加です。メラニン自体は、肌や毛根にある色素のことで、まつげを育てるためには必要なものですが、使い続けて皮膚に沈着すると色素沈着を引き起こす可能性があります。

ルミガンを使うときには、ブラシを使ってまつげの根元に塗り、色素沈着の症状は下のまぶたに出やすいため、下まぶたには塗らずに上まつげの根元だけに塗るようにします。色素沈着として黒ずみが気になってきたら、ルミガンの利用を中止し、皮膚の代謝を利用して色素沈着の副作用を落ち着かせます。根元以外の場所に薬がついてしまったが場合には、ついたままにせずにティッシュまたはコットンを使って拭き取ったり、水で洗い流すようにすると色素沈着を防ぐことができますし、正しい使い方をすることによって色素沈着を引き起こす可能性を減らすことができます。

色素沈着以外にも、副作用として結膜充血や目やに、点状角膜炎そして乾燥を発生させるケースも起きています。また、ごくまれにですがまぶたが落ちてくぼんでしまったり、黒目が濃くなるというケースも国外では起きています。

関連記事
通販で簡単にあの話題のまつげ育毛剤のルミガンが購入できるんです 2019年11月25日

美容面を気にするかたたちには話題になるまつげ育毛剤としてのルミガンやケアプロストですが、通販で購入することが可能です。実はルミガンは日本では、医師の処方箋が必要となるため、簡単に入手することができません。クリニックにいけば入手が可能ですが、高額な価格となるため、定期的に使うということは難しいというか...

グラッシュビスタで効果抜群のセクシーロン毛まつげパワーをゲットしよう 2020年01月14日

まつげが少なく気にしているというかた、悩んでいるというかたも少なくありませんが、あまり知られていませんが、厚生労働省が承認している薬の中にはまつげの増加や長さを出すそして濃くするという効果がある医薬品が存在するようです。日本ではじめて睫毛貧毛症に対して省にされた医薬品がグラッシュビスタであります。睫...

長くてしっかりしたまつげをぐんぐん伸ばすマッサージの方法を伝授します 2020年01月29日

ボディや頭皮などのマッサージだけでなく、まぶたをマッサージするとまつげが長くなるという効果があるといわれています。まぶたの血行促進をすることによって、まぶたのむくみの解消やシワやくま予防をすることができる方法ですが、一緒にまつげの育成環境を改善させることが可能といわれています。はじめる前の準備として...

効果抜群のルミガンだけれど、使用時の併用禁止の注意は守りましょう 2019年12月30日

医薬品のルミガンには、まつげを濃くそして増やす効果があり、まつげ美容液より高額ですが効果を期待できます。ルミガンを使うときには、メイク落としや洗顔、入浴などを済ましておいて目の周りを清潔な状態にしておき、スキンケアも終わらせておきます。顔に余分な水分がある場合には拭き取ります。顔が濡れた状態でルミン...