きれいな目元

まつげ美容液とまつげ育毛剤はどちらもまつげをフサフサにしてくれるというイメージがありますが、違いは、本来の目的です。まつげ美容液は自まつげを健康に太くしてくれる効果が期待でき、ほとんどの製品が天然成分で作られています。まつげ育毛剤は、もともとは緑内障の治療薬として使われていた成分が使われています。治療薬として使われている成分ですので、医師の処方箋がないと手に入れることはできませんし、間違った使った場合には危険を引き起こす可能性もあるため、医師の指示がない場合には入手できないものです。本来の目的以外にも違いは、簡単に入手できるか、入手できないかという点です。

まつげ育毛剤は治療薬でまつげ美容液は化粧品の一部

まつげの長さや太さ、密度によって目元の印象は大きく変わります。普段のスキンケアにプラスまつげ専用の美容液を使ってケアしている人も少なくありません。まつげケアでチェックをしてみるとまつげ育毛剤とまつげ美容液とどちらも確認することができます。育毛剤と美容液はどちらもケアに使われますが、異なるものとなります。

まつげ育毛剤は、現在日本では市販では販売されていません。薬事法に定められているため育毛剤は医薬部外品・医薬品に分類されているため手軽に購入するということができませんが、個人輸入をすることによって入手は可能です。まつげ育毛剤はもともとは緑内障の治療薬で使われていましたが、緑内障の副作用は、影響があるということから、現在は睫毛貧毛症の治療薬として使われることもあります。睫毛貧毛症は細い・短い・少ないといった症状を治療するために使われていて、医師の診断をもとに処方されます。

まつげ育毛剤には、まつげを生やしたり、太くしたりとするための治療薬ですので、ケア成分は含まれていません。黒ずんでしまったり、色素沈着、目のかゆみや充血などの副作用が出てしまう可能性もあります。正しい使い方を心掛け、塗ったときに液が他の部位についてしまった場合にはすぐに拭きとることが大切です。

まつげ美容液は薬ではなく、一般的な化粧品として分類されているようです。現在生えている自まつげをケアするためのアイテムで、髪の毛でいうとトリートメントをしている役割があります。保湿成分やコシやツヤを高める成分が配合されています。マスカラなどのアイエイクを落とすために使うクレンジングによってダメージを受けているようです。まつげ美容液を使うことによって、ダメージを和らげることができ、抜け毛予防にも効果的といわれています。

まつげ美容液は、健康なまつげにするための栄養や保湿成分が含まれていて、まつげの乾燥や紫外線からの刺激から守る働きがあるようです。まつげ美容液には、ダメージを和らげる効果と抜け毛予防効果だけでなく、最近は育毛成分が含まれているものも登場しています。元々細くまばらという場合には育毛効果が高い美容液の利用の検討も手軽にケアできる方法となってきます。美容液には天然由来成分で作られているため、強い副作用を引き起こすということはごくまれとされています。

使用回数は、商品によって異なりますので、注意書きを確認のうえ利用するようにしますが、基本的には朝と夜2回となるようです。洗顔後は毛穴の汚れが取り除かれている状態で、栄養分を吸収しやすい状態となっていることから、洗顔後すぐに使うことがおすすめといわれているようです。寝る前に使うことによって、寝ている間に美容成分が浸透していくことを期待することができます。まつげ美容液を使うときには、根元とそのものに塗っていきます。

ビューラーやマスカラ、クレンジングやエクステなどの、まつげには日頃から大きなダメージを与えていることとなります。まつげ美容液を使って栄養補給と保湿をしてダメージを軽減されて、丈夫で太く、生えやすい環境を作っていきます。まつげそのものを増やすというい働きはありません。生え変わりサイクルは通常は3か月です。健康的な生えたばかりの短いときに抜けてしまうということがなく、生え変わりサイクルの3か月間良い状態を保ってくれます。良い状態を保てると、まつげのボリュームをアップさせて目チカラもアップすることができるようです。目チカラは、目立つ部分なので、ケアをしっかり行いましょう。

日頃からダメージを気にかけ、クレンジングや洗顔をするときにはゴシゴシと力をかけずに行い、落ちにくいアイメイクは専用リムーバーの利用をすることもまつげには大切です。肌へのスキンケアだけでなく、気に掛けることによって印象深い目元を作ることができます。ケアをきちんとすることで、美しい目元を作っていきましょう。